経験豊富なロゴ専門デザイナーによるロゴ制作

ロゴマーク | 教育(大学・塾)のロゴデザイン制作事例

ロゴマーク | 教育(大学・塾)のロゴデザイン制作事例

教育関連のロゴマーク制作事例をご紹介します。

ロゴジャパンでは今までに教育系のロゴマークも色々デザインしています。今回はその中から国立大学の理数教育支援センターと目標校を絞った進学塾のロゴマークの2作品ご紹介します。

シンプルに先進的なイメージを表現した国立大学「九州工業大学理数教育支援センター」のロゴ制作事例

教育関連のロゴ – 国立大学のロゴマーク

ロゴデザインの詳細 | 国立大学のロゴマーク作成事例

国立九州工業大学理数教育支援センターのロゴマークデザインの作成事例をご紹介します。この時の依頼は工業大学の教育支援センターのロゴの制作でした。工業大学の中の理数教育支援センターということを考えデザインの方向性としては「先進的なイメージ」と「教育支援のネットワーク」ということをロゴに表現しようと考えました。
ロゴのデザインは2つの楕円のデザインを組み合わせ楕円のライン上に球体のデザインを施して動きを感じさせるロゴマークに制作しています。この動きは教育センターの活動を表しています。2つの楕円が交わった中央部分は教育支援拠点ということを表現しています。中心部分のデザインは中央から球体が各方向に広がっていくイメージでこの球体は情報の発信という意味をもたせています。

クライアント名称:九州工業大学理数教育支援センター
クライアント業種:国立大学
ロゴマークカラー:ブルー
デザインイメージ:先進的、ネットワーク、情報発信
デザイン制作内容:ロゴマークデザイン
ロゴのデザイナー:Takehara


塾の名称の道場のイメージを黒帯で表現した進学塾のロゴマークデザイン

進学塾のロゴマークを制作

教育関連のロゴ – 塾のロゴマーク

ロゴデザインの詳細 | 進学塾のロゴマーク作成事例

中学受験の塾のロゴマークのデザインを制作しました。この時のロゴデザインの依頼は既に使用されているロゴタイプに合わせたデザインのロゴマークの制作でした。この進学塾は早稲田・慶応に絞り込んだ専門的な塾ということが特徴です。従ってこの塾に通う子供たちははっきりとした目標、志望校があるということになりますし、塾側の講師の方々も早稲田・慶応の受験のスペシャリストということのなります。普通、塾の名称は〇〇塾や〇〇教室、〇〇学院などが多いと思います。しかしこのクライアントの名称は塾とは呼ばずに道場いう名を冠しています。このスペシャリストとしてのこだわりと早慶道場という名称から伝わる力強さ、そして勢いを感じるロゴタイプを組み合わせた時、いくつかのイメージの中からピンときたのが有段者をイメージさせる黒帯と、合格をイメージした力強い二重丸をモチーフにするアイデアでした。有段者以上が胴着の腰に巻くことが叶う黒帯はまさにスペシャリストの証だと思います。ロゴのデザインはしっかり締められた黒帯をメインにし、その背景に合格を意味する二重丸を、ロゴタイプと同じようなイメージで筆で描いたようなデザインで組み合わせました。 背景の二重丸は金色に、黒帯には金の線を施し合格のイメージを強調させたロゴマークのデザインにしています。

クライアント名称:早慶道場
クライアント業種:進学塾
ロゴマークカラー:金・黒
デザインイメージ:道場・黒帯・合格
デザイン制作内容:ロゴマークデザイン
ロゴのデザイナー:Takehara


ロゴジャパンでは、既存のロゴデザインプラン以外でも、お見積りによるご提案が可能です。例えばプレゼンでどうしても初回にロゴのデザインが5案が必要という場合など既存プランで対応できないような場合はご相談ください。

error: Content is protected !!