経験豊富なロゴ専門デザイナーによるロゴ制作

不動産会社のロゴ制作事例・ロゴ作成の過程 | Logojapan

不動産会社のロゴ制作事例・ロゴ作成の過程 | Logojapan

不動産会社のロゴ制作の事例を2つ紹介いたします。

不動産会社というと社会人になれば1度は関わりをもつ業者ではないでしょうか? 駅前を中心に多くの不動産会社を目にすると思います。平成28年度末には不動産業者数が123,416 業者ということが記載されていました。コンビニエンスストアがおよそ5500店舗ということですので、2倍以上の数になるほど不動産業者はあるようです。ロゴもそれに比例してとても多いということでしょう。ロゴジャパンでも不動産会社からのロゴ制作の依頼はかなり多い方です。今回は今まで作成した不動産会社のロゴを2つ紹介させていただきます。

 


鍵と葉っぱと太陽をモチーフに制作した不動産会社のナチュラルなロゴデザイン作成事例

不動産会社のロゴ

ロゴデザインの詳細 | 不動産会社のロゴ作成事例

別の件で一度ご利用いただいているクライアントから不動産会社のロゴの制作をご依頼頂きました。
クライアントから「鍵と太陽と植物」をモチーフにして欲しいというロゴデザインに対する明確なご要望をもとに制作した不動産会社のロゴマークです。ロゴを作成する際に”カッコよく、可愛らしく、誠実な・・”など抽象的なご要望も多いのですが、今回のようにモチーフをしっかりと伝えていただくとロゴをデザインする際にイメージの食い違いということがかなり解消されます。クライアントがロゴに対するイメージをしっかり持っていただいているとロゴに対するデザインの整合性が飛躍的に上がります。

このロゴのデザインはバランスのいい六角形の中央に鍵のデザインを施し、その背景に葉っぱの形を組み合わせています。そして葉の形の中に太陽を組み合わせたロゴマークデザインになっています。住宅を借りる、購入することを検討しているお客様が清々しい気持ちになれるようなナチュラルで安定感のあるロゴマークになるように設計しています。

ロゴを制作する場合モチーフに何を選ぶかということはとても重要です。それがビジュアルとしてのメインになるからですが、本来はモチーフは1点か2点が望ましいと思います。モチーフにする点数を増やしていくとロゴのデザインが複雑化して伝わりにくくなるからです。今回はモチーフが3点と少し多かったため、それぞれのバランスと複雑になりすぎないということを考慮してロゴを作成しています。ロゴの配色は葉の形の部分を黄緑色にし、その他の部分は落ち着きのあるグレーを組み合わせました。不動産という業種から制作するツールや媒体は、名刺や封筒、リーフレット、ホームページ、看板、懸垂幕・・・など色々と多いであろうということは経験則からもわかります。(自分の場合は、不動産会社や大手住宅メーカーの新聞広告や販促物も手がけた経験がありまあしたので)作るものが多いということはロゴを色々な用途に合わせて使用するということになります。新聞広告の場合は、ロゴを白黒で使用するのが一般的です。スクリーン線数も60線〜100線くらいと通常のオフセット印刷に比べると低いのであまり複雑で繊細なロゴにしてしまうと印刷ができなかったりします。色もしかりです。色数を多く使用しすぎたり、隣接するパーツに隙間がないと単色ベタとして使用することは不可能になります。今回はクライアントの業種内容からどのような場合にも対応できるように「複雑すぎないロゴ」「単色ベタ(単色100%)でも使用できるロゴ」ということを意識して制作してみました。

クライアント名称:日新プロパティーズ株式会社
クライアント業種:不動産賃貸業
ロゴマークカラー:グリーン、グレー
デザインイメージ:鍵、葉、太陽
デザイン制作内容:ロゴマークデザイン(既存文字の組み合わせ)
ロゴのデザイナー:Takehara


シンプルな太い線の三角形の屋根を組み合わせた不動産・建設会社のロゴデザイン制作事例


不動産・建設会社のロゴ

ロゴデザインの詳細 | 不動産・建設会社会社のロゴマーク作成事例

こちらのクライアントも何回かロゴジャパンをご利用いただいております。今回ご紹介するロゴデザインは初めてご利用いただいたときに制作した不動産・建築会社のロゴマークのデザインになります。不動産・建築会社という業種からたくさんの物件と深く関わるということが伺えます。ロゴを制作する場合、クライアントの業種内容や事業の方向性、名称の由来など様々な情報をもとにロゴのテーマを決めて制作していきます。もちろん。具体的なご要望があればそれを中心に検討していきます。今回は「住宅をたくさんつくる」「色々な住宅を供給する」「家の数だけ幸せを創る」ということをテーマにロゴマークのデザインを進めていきました。まずはテーマからイメージキーワードを抽出し、そこからロゴのビジュアルをイメージしていきます。このロゴのイメージキーワードは「たくさんの住宅・建物」。このイメージキーワードであるたくさんの住宅・建物を「屋根」をモチーフに表現するというデザインの方向性が生まれました。ここからは屋根の形を意識したサムネイルをたくさん書き起こしていきます。出来上がったのがこちらのロゴマークです。シンプルな三角(逆V字)を少しづつ大きさを変えて重なり合わせたロゴマークのデザイン。
色々な大きさの屋根を重なり合わせることでたくさんの住宅・建物ということが伝わるロゴのデザインに仕上げています、屋根の下にクライアント名を配置し、暖色系の配色であたたかみのあるロゴマークデザインにしました。三角形の屋根は会社が未来に向かって上昇していくという意味も持たせています。パーツ同士が隣接している部分がありますが単色ベタで使用しても遜色のないロゴのデザインになっています。

クライアント名称:カンサイホームズ
クライアント業種:不動産・建設業
ロゴマークカラー:メタリック
デザインイメージ:屋根、家
デザイン制作内容:ロゴマークデザイン(既存文字の組み合わせ)
ロゴのデザイナー:Takehara

 


ロゴジャパンでは、既存のロゴデザインプラン以外でも、お見積りによるご提案が可能です。例えばプレゼンでどうしても初回にロゴのデザインが5案が必要という場合など既存プランで対応できないような場合はご相談ください。

error: Content is protected !!