水道工事関連業者のロゴ&マーク制作事例

水道工事という業種から考えてロゴ エンブレムのデザインを作り上げる

今回ご紹介するのは水道工事、水道施設業に伴う土木工事などの業務を行う会社のロゴ&マークの制作事例です。水道工事とは主に水道の給排水設備工事などになります。個人の場合、水道工事業務という業種は直接的に業者さんと関わるということはあまりないのではないでしょうか?
排水管が詰まった、蛇口が壊れた、水道の出が悪い・・など水のトラブルの場合は、水道修理サービス会社に連絡をとると思いますが、水道工事というと「家を建てた、改築した」時などそんなイメージが浮かびます。その場合も直接水道工事の業者さんとやり取りをすることはないと思います。ただし水道工事の会社が個人の水のトラブルにも対応する会社が増えてきているようではあります。

ロゴマーク・エンブレムのデザインを制作する場合に、どのような業種をされている会社なのかと言うことは必ずお聞きします。お聞きすることで制作するべきロゴ・エンブレムは誰にアピールするものなのかと言うことを確認するからです。それは個人にアピールする場合と対企業や公共団体にアピールする場合とでは多少なりともデザインの方向性が違ってくるからです。水道工事業という業種は、主に企業や役所などの公共機関にアピールするためのロゴ・エンブレムということがわかります。

ロゴを制作する上での重要なポイントとして、自分が意識していることは
クライアントの意向
まずはこれが最優先です。使用するのは自分ではありません。自分が好きだからというよりもまずはクライアントの意向を最優先してアイデアを構築します。
業種のイメージ
この業種のイメージをビジュアルでどう伝えていくかということがロゴデザイナーとして重要です。上にも書いていますが、業種をイメージすることでアピールするべき対象が決まります。その対象が決まるとどのようなツールが必要になるかということも経験豊富なデザイナーであれば分かってくるかと思います。


綺麗な水の雫のカタチとそれに関わる「人」を組み合わせた
水道工事業者のロゴマーク制作事例

 

ロゴデザインの詳細 | 水道工事・水道施設業者のロゴマークのデザイン

一目で水ということが伝わるようなロゴをと考えてできた水道工事会社のロゴマークです。中心に水の雫をイメージしたデザインと、その雫を囲むリングのデザイン、手を広げる人のデザインを組み合わせたロゴマーク。水のしずくは右斜め上のラインで分割して、水の色を薄い色から濃い色まで配色しました。これは様々な水の環境、水施設工事に対応するという意味でです。外側のリングはお客様とのつながりを表したリングで、リングのカタチから水道管のイメージを組み合わせました。中央で大きく手を広げる人は、信頼の証で成功、達成をイメージさせるデザインです。上に伸ばした手は会社が大きく成長していくイメージを与えています。

クライアント名称:FIDES株式会社
クライアント業種:水道工事・水道施設業
ロゴマークカラー:ブルー
デザインイメージ:雫、水道管、人
デザイン制作内容:ロゴマークデザイン
ロゴのデザイナー:Takehara


社名の頭文字を使用したいというクラアント希望を取り入れて
水・水道管をイメージさせた水道管工事業者のロゴエンブレム制作事例

ロゴデザインの詳細 | 水道管工事業者のロゴエンブレムのデザイン

こちらのロゴマークはクライアントのご要望に頭文字のTを使用したロゴを。ということでしたのでまずはTの文字をベースに水道管工事という事業内容をイメージさせるようなデザインにしました。アイデアを捻出している段階で思いついたのが水道管でTのカタチをイメージさせるようなデザインです。それだけでは水をイメージさせる部分が弱いので、水道管の中を通る水を水の粒・粒子というイメージに置き換えて青い円形のデザインを組み合わせました。水道管というと鉄や塩ビのグレーの配色を想像しますが、水道管部分の色をグレーにはせずに、視覚的に青で見せることでクリーンで爽やかな印象を与えています。背景には円形で水の粒子を表現したデザインを組み合わせて水の粒子の中心にTを配置することで水と深く関わる事業ということをロゴマークのデザインを見て伝わるようねメッセージ性の高いロゴマークで表しました。

クライアント名称:株式会社田中組
クライアント業種:水道管工事業
ロゴマークカラー:ブルー
デザインイメージ:水道管、アルファベットTの文字、水の粒子
デザイン制作内容:ロゴマークデザイン
ロゴのデザイナー:Takehara