経験豊富なロゴ専門デザイナーによるロゴ制作

ロゴ作成事例-塾(個別指導塾)のロゴマークを制作しました

ロゴ作成事例-塾(個別指導塾)のロゴマークを制作しました

ロゴジャパンで今まで制作したロゴマークやロゴタイプをご紹介しています。
今回は個別指導塾のロゴマーク作成事例をご紹介いたします。
塾のロゴマークのデザインを制作する場合、どのような種類の塾なのかということをまず考えます。ロゴジャパンの場合はお申込み時にご記入いただくオーダーシートでお伺いしています。今回は少人数の生徒を対象にした個別指導塾のロゴデザインの制作です。個別指導塾という観点から、生徒さんと先生のコミュニケーションが密接であると考えます。大人数を相手にする予備校や大手進学塾のような集団指導の塾ではなく、個別ということがロゴを制作する上でのポイント、差別化になります。その点に注意して個別という部分を表現できるようなロゴデザインを作成させていただきました。

合格した喜びを先生と生徒のハイタッチで表現した個別指導塾のロゴデザイン作成事例

塾のロゴマークデザイン

教育ロゴ

ロゴデザインの詳細 | 個別指導塾のロゴマーク作成事例

先にもお話ししているように個別指導塾というと特に先生と生徒のつながり、コミュニケーションが強いという印象が浮かんできます。その個別指導塾のロゴマークをどういう風に表現しようかと考えた時に浮かんだロゴデザインのイメージキーワードは「達成、合格」です。

個別指導塾のロゴから「達成、合格」が伝わるようなロゴのデザインとは?

ロゴのイメージキーワードである「達成・合格」とは先生と生徒が目標に向かって頑張ることで目標である志望校に手が届いたというイメージです。ビジュアルとしてもイメージは先生と生徒がともに喜びを分かち合っている状況です。このことをロゴマークのデザインにわかりやすく表現しようと考えました。アイデアを膨らませる中で思いついたのが“先生と生徒がハイタッチ”しているイメージです。ハイタッチは希望する学校の合格を表しています。塾の先生と生徒が合格を祝してハイタッチしているイメージに、この塾ならではのオリジナリティを組み合わせたいと思い、塾の名称の頭文字であるアルファベットの「A」を組み合せたロゴのデザインで作成しました。

ロゴデザイナーが作る塾のロゴマーク

生徒が合格し先生と喜びをわかちあっているイメージを投影したデザインがこのロゴマークになります。先生が生徒とともに手を取り合って頑張ることで見えてくる希望の光をオレンジ色の球体で表現し、シンプルで伝わりやすいロゴに仕上げることができました。ハイタッチする形とAの文字を組み合わせることでこの個別指導塾としてのオリジナリティも表現できましたし、個別指導という生徒と教師の密接感もハイタッチが表現してくれています。ロゴの配色も希望を感じさせる太陽のオレンジ(黄色系)の配色と成長・発展を感じさせ若々しさが伝わる黄緑色(グリーン系)の配色でまとめました。

クライアント名称:個別指導塾AST.
クライアント業種:個別指導塾
ロゴマークカラー:グリーン、オレンジ
デザインイメージ:ハイタッチ、合格
デザイン制作内容:ロゴマークデザイン(既存文字の組み合わせ)
ロゴのデザイナー:Takehara


ロゴジャパンでは、既存のロゴ制作プラン以外でも、お見積りによるロゴ制作のご相談を随時受付しております。お見積もりは無料です、お気軽にご相談ください。

error: Content is protected !!