映画翻訳家のロゴ作成事例-ロゴデザイン制作のロゴジャパン

映画翻訳家のロゴ作成事例-ロゴデザイン制作のロゴジャパン

ロゴデザインの依頼先を調べずに、なんとなくロゴを頼もうとはしていませんか?

初めてのロゴデザインの依頼はどこに頼みますか?yahooやGoogleなどでキーワードに「ロゴ デザイン」などと入力して出てきたサイトを適当に選んでいないでしょうか?
それではこれから永く使用していくロゴのデザインが失敗に終わってしまうという結果になりかねません。
まずは、どのサイトをお選びいただいてもいいのですが、実際に制作するロゴデザイナーの実績を判断するのがいいと思います。実績を見れば、そのデザイナーのデザインの傾向がなんとなくわかると思います。自分とはテイストが違うなと思ったら、そのデザイナーに依頼するのはやめた方がいいと思います。

今回は映画翻訳家「アンゼたかし氏」のロゴデザインと活版印刷による名刺のデザインの作成事例をご紹介いたします。

 

「ゼロ・グラビティ」「ベンジャミンバトン」「インセプション」「ホビットシリーズ」「シャーロックホームズシリーズ」など数々の映画を翻訳されている映画翻訳家のロゴ デザイン制作事例

映画翻訳家のロゴ作りました

映画翻訳家の活版名刺

個人のロゴ

ロゴデザインの詳細 | 映画翻訳家のロゴと活版名刺作成事例

「インターステラー 」「マッドマックス」「ダークナイト ライジング」「シャーロック・ホームズシリーズ」「ホビットシリーズ」「インセプション」「ベンジャミンバトン」「トータル・リコール」「ゼロ・グラビティ」「永遠の僕たち」など様々な話題の映画の字幕翻訳や日本語吹き替え翻訳を手がけている映画翻訳家のアンゼたかし氏のロゴマークのデザインとオリジナル活版名刺の制作事例をご紹介いたします。会社のロゴマークとは違い映画翻訳家という個人のロゴマークなのでロゴに本人の個性を出したいと考えて、今回はロゴを作成しました。クライアント名である「ANZE」という名字の中から「A」と「Z」、そして映画をイメージさせる「映像フィルム」をロゴマークのモチーフに取り入れて映画翻訳家ということを視覚的に伝えていこうと設計したロゴマークのデザインです。AとZはアルファベットの始まりと終わりの文字、この始まりと終わりの文字をロゴのモチーフとして検討しました。

アルファベットのAとZに映像フィルムのデザインを組み込んだロゴ、映画の最初から最後まで質の高い映画翻訳を提供するという意味合いをロゴのデザインにもたせました。有名な映画を多数翻訳しているということで個人としてのクオリティをロゴにどのように表現しようかというのがポイントです。

同時に制作したロゴを使用した名刺は活版印刷による名刺です。映像翻訳家という職業柄、名刺を配るということは結構あると思いますが、よくある営業名刺では映画翻訳家という個人を売り込む名刺にはあまり適していないのではと考えました。映画翻訳家としてのこだわり、クオリティが伝わるような、だけどデザイン的にはあまりくどくないシンプルなデザインをと考え「個をアピールする個性的な」活版印刷の名刺を提案しました。活版印刷で名刺を作れるようにということを前提にしてロゴも制作しています。

活版印刷の場合ロゴが複雑すぎたり繊細すぎてしまうと活版の魅力が損なわれてしまいま。ロゴを制作する際に、クライアントにどのような用途で使用するかということやどのようなツールに使用する予定がありますかということを常々お伺いしていますが、今回も先に活版名刺を作るということが決まっていましたのでロゴのデザインもそのことを念頭に置いて制作することができました。個人のロゴの場合、一番多く活躍するツールは名刺になると思います。(芸能人やアーティストなどは別ですが)名刺を見た時にロゴと個人が一致するデザインにすることで、個のブランド力を高めることができます。今回も一目で映画翻訳家というイメージが伝わったロゴデザインに仕上がったのではないでしょうか。

 

クライアント名称:アンゼ たかし氏
クライアント業種:映画翻訳(字幕翻訳、吹き替え翻訳)
ロゴマークカラー:黒
デザインイメージ:映画、フィルム、A、Z
デザイン制作内容:ロゴマークデザイン(既存文字の組み合わせ)、活版名刺デザイン
ロゴのデザイナー:Takehara


ロゴジャパンでは、既存のロゴ制作プラン以外でも、お見積りによるロゴ制作のご相談を随時受付しております。お見積もりは無料です、お気軽にご相談ください。