ロゴ入り封筒の制作に関して

会社やお店のロゴが完成したら
ロゴを入れたオリジナルの封筒を作りませんか?

ロゴジャパン・ロゴマークガーデンではオリジナルデザインの長3・洋長3・角2封筒のを制作を承っています。

会社やお店のロゴが完成したらオリジナル封筒の制作はいかがですか?

 

オリジナルデザイン封筒に関して

オリジナルデザイン封筒は長3・洋長3・角2サイズの封筒をご依頼頂けます。

●長3封筒・・・縦長の封筒(サイズ:235×120mm) / A4の3つ折が入ります。開き口は縦上部
●洋長3封筒・・横長の封筒(サイズ:235×120mm) / A4の3つ折が入ります。開き口は横上部
●角2封筒・・・縦長の封筒(サイズ:332×240mm) / A4が折らずに入ります。開き口は縦上部

納品はアウトラインデータでのメール納品となります。
料金に印刷は含んでおりません。印刷会社はお客様がご自由にお選びいただいてアウトラインデータを入稿して印刷を発注していただきます。このページの下の方でおすすめの印刷会社と入稿方法をご説明しておりますので、はじめての方はそちらの印刷会社をご利用されてはいかがでしょうか?

オリジナルデザイン封筒制作

オリジナル封筒の制作は「2つの方法」があります

 

既製の封筒に刷り込む方法すでに形のできている既製の封筒に印刷する方法です。メリットは安くできること。デメリットは印刷できない範囲があるためデザインできる範囲が限定されます。またフルカラーの刷り込み印刷に対応している会社があまりないということです。

 

紙に印刷してから封筒の形に成形する方法(フルオーダー)紙に印刷してから封筒に加工します。メリットは自由なデザインが可能ということ。デメリットはかなり高くなること。

封筒デザイン2案ご提案

初回に封筒のデザインを2案ご提案いたします。横2案でも、縦2案でも、縦横1案づつでもOK。

 修正3回まで

お選びいただいた1案に対して修正3回まで料金内でご対応いたします。

メール納品(無料)

封筒のデータはメールでの納品になります。CD-ROM納品をご希望の場合はオプション3,000円(税抜き・送料込み)がかかります。

アウトラインデータ納品

封筒の納品データはフォントをアウトライン化した「アウトラインデータ納品」となります。

 

既製封筒にデザイン

●長3または洋長3:13,000円
●角2封筒:15,000円
●長3(または洋長3)と角2封筒パック:26,000円

デザインできる範囲が限定される封筒で凝ったデザインは出来ません。シンプルなデザインになります。
※長3(または洋長3)と角2封筒パックは内容が同じ場合の料金になります。異なる場合は別々の料金となります。※封筒の印刷は含みません。ご自身で印刷を発注してください。
※価格は税別です。

 

フルオーダー封筒デザイン

●長3または洋長3:23,000円
●角2封筒:25,000円
●長3(または洋長3)+角2封筒パック:45,000円

全面にデザインが可能です。こだわったデザイン向き。印刷の料金も高くなります。
※長3(または洋長3)と角2封筒パックは内容が同じ場合の料金になります。異なる場合は別々の料金となります。
※封筒の印刷は含みません。ご自身で印刷を発注してください。
※価格は税別です。

 

アウトライン前封筒データ(オプション)

●既製封筒にデザイン(長3または洋長3)プラス3,000円 /(角2)プラス5,000円

●フルオーダー封筒(長3または洋長3)プラス5,000円 /(角2)プラス8,000円

※価格は税別です。

アウトライン前の封筒データはアドビイラストレーターのソフトと封筒に使用しているフォントがないとお客様のパソコンでは開くことは出来ません。ただし印刷会社にデータを渡して修正してもらうことは可能です。

 


封筒を印刷するのにおすすめの印刷会社

ロゴジャパン及びロゴマークガーデンでロゴを作成し封筒をお申込みいただいたお客様向けのご案内になります。

ロゴの入った封筒を印刷会社に入稿(発注)する際にはオフセット印刷に対応している印刷会社を選ぶことをオススメいたします。

既製封筒に刷り込む場合にオススメの印刷会社

イロドリ(既製封筒に刷り込み印刷する場合におすすめ)

既製封筒に刷り込み印刷をする会社でフルカラーに対応している数少ない印刷会社です。(刷り込み印刷ではほとんどフルカラーに対応していません)印刷もオフセット印刷で行いますので安心です。
※イロドリでは紙から印刷して封筒に加工するフルオーダー封筒は見積もり発注になります。

 既成封筒に刷り込み印刷する印刷会社イロドリへの封筒デザイン発注の手順

 

まずは封筒の入稿用データを用意します。

 

1.封筒のデータを用意する封筒のデータは封筒の拡張子が「.ai」となっているものでアウトラインデータを入稿します。その他に封筒のpdfデータも一緒に入稿します(pdfデータは印刷会社の確認用として入稿します)ロゴジャパン及びロゴマークガーデンで名刺を作成する場合、封筒のデザイン制作中に印刷会社がお決まりかをお伺いいたします。イロドリで印刷する場合はイロドリの封筒フォーマットで制作いたします。

 

2.イロドリのホームページへ封筒封筒のデータが用意できたら、印刷会社のホームページに行きます。

印刷会社イロドリへはこちらからお進みください↓

3.料金表を見るの下の封筒を選択商品名下から印刷する封筒を選択します。例:フルカラー角2封筒印刷

 

4.ご選択中の商品(赤枠内の内容)を確認オプションをクリックして印刷面の指定・封筒用で「表面に印刷」を選択します。 印刷仕様は「片面フルカラーを選択します。用紙や封筒も確認してください。カテゴリは刷込封筒(既製/フルカラー)

5.枚数と出荷予定日を決める枚数と出荷予定日を決めて金額をクリックします。※4でオプション設定をしていないと価格をクリックしても先に進めません。

 

6.ショッピングカートに入れるショッピングカートに入れてご注文手続きをします

 

7.データの入稿(入稿・テンプレート&便利ツール)入稿・テンプレート&便利ツールをクリックしページを移動。移動先のページの印刷データを入稿するをクリックし、次のページのWEB入稿はこちらから入稿します。

この後は入稿の指示に従って入稿してください。

※わからない場合は、直接イロドリにお問い合わせください。

入稿時に記入する項目

・封筒を作成したパソコンのOS:Mac10.42
・作成アプリケーション:Illustrator (バージョンCC)
・封筒のデータ:aiデータ
・アウトライン化:アウトライン済(アウトライン済データを入稿してください)
・指示:オフセット印刷で印刷。(確認用のPDFデータでは印刷しない)

 

 

フルオーダー封筒の印刷をする際にオススメの印刷会社

グラフィック(フルオーダー封筒を印刷する場合におすすめ)

こちらの印刷会社はオフセット印刷に対応していることと、価格がリーズナブルということです。紙に印刷してから封筒の形に加工する場合、部数が少ないと1封筒あたりの単価が高くなりますが部数が多ければかなり安くなります。
※グラフィックでも刷り込み封筒を取り扱っていますがフルカラーに対応していません。

 

 

 

 フルオーダー封筒の印刷会社グラフィツクへの封筒デザイン発注の手順

 

まずは封筒の入稿用データを用意します。

 

1.封筒のデータを用意する封筒のデータは封筒の拡張子が「.ai」となっているものでアウトラインデータを入稿します。その他に封筒のpdfデータも一緒に入稿します(pdfデータは印刷会社の確認用として入稿しますがグラフィックではスクリーンショットを撮って入稿しますのでなくても大丈夫です)ロゴジャパン及びロゴマークガーデンで名刺を作成する場合、封筒のデザイン制作中に印刷会社がお決まりかをお伺いいたします。グラフィックで印刷する場合はグラフィックの封筒フォーマットで制作いたします。

 

2.グラフィックのホームページへ封筒封筒のデータが用意できたら、印刷会社のホームページに行きます。

印刷会社グラフィックへはこちらからお進みください↓

3.メニュー項目の封筒をクリック「郵便・封筒」の封筒をクリックします。

 

4.オリジナル封筒・既製封筒印刷(刷込)のページ封筒商品印刷一覧したにある依頼する封筒の「オリジナル封筒」をクリック。例:長3オリジナル

 

5.ご注文はこちらから「ご注文」をクリックご注文はこちらの下にある「ご注文」をクリック。特色や10,000部超以外

 

6.カラーを選択片面カラーをクリック

 

7.加工を選択選択しない場合は選択しないをクリック

 

8.用紙を選択わからない場合は人気標準用紙TOP3から選べばいいと思います。(用紙に90kgや110kgとなっています。厚い紙を希望なら110kgを。厚さのイメージがわからない場合は印刷会社に直接お問い合わせください)

 

9.オプション選択。必要ない場合は「選択しない」をクリック

 

10.カートに入れてご注文手続きに進む最後にカートに入れてご注文手続きに進みます。ご注文手続きが済んだら次はデータの入稿になります。

 

11.データの入稿(入稿ガイドをクリックする)ご注文手続きが完了したらデータの入稿になります。入稿方法は入稿ガイドを参照してください。

12.「Web入稿」でデータを入稿してください入稿方法は「Web入稿ご利用方法」をクリックし参照します。この後は入稿ガイドの指示に従って入稿してください。

※わからない場合は、直接グラフィックにお問い合わせください。

入稿時に記入する項目

・封筒を作成したパソコンのOS:Mac10.42
・作成アプリケーション:Illustrator (バージョンCC)
・封筒のデータ:aiデータ
・アウトライン化:アウトライン済(アウトライン済データを入稿してください)
・指示:オフセット印刷で印刷。(確認用のPDFデータでは印刷しない)