ホビットやインセプションで有名な「翻訳家アンゼ氏」のロゴを制作

ロゴデザイン参考

ホビットシリーズやダークナイト・ライジングなどを翻訳された「映画・映像翻訳家 アンゼたかし氏」の個人のロゴマークを制作しました。

「ゼロ・グラビティ」「ベンジャミンバトン」「インセプション」「ホビットシリーズ」「シャーロックホームズシリーズ」「インターステラー」「ワンダーウーマン」「マッドマックス」「バットマンvsスーパーマン ジャスティスの誕生」など数々の人気映画を翻訳されている映画翻訳家「アンゼたかし氏」のロゴデザイン&活版名刺制作事例をご紹介いたします。

ロゴデザインの詳細 | 映画翻訳家のロゴと活版名刺作成事例

「インターステラー 」「マッドマックス」「ダークナイト ライジング」「シャーロック・ホームズシリーズ」「ホビットシリーズ」「インセプション」「ベンジャミンバトン」「トータル・リコール」「ゼロ・グラビティ」「永遠の僕たち」など様々な話題の映画の字幕翻訳や日本語吹き替え翻訳を手がけている映画翻訳家のアンゼたかし氏のロゴマークのデザインとオリジナル活版名刺の制作事例をご紹介いたします。

映画の「はじめから終わりまで」をアンゼ氏のAとZを使ってロゴマークのデザインに表現。

会社のロゴマークとは違い映画翻訳家という個人のロゴマークなのでロゴに本人の個性を出したいと考えて、今回はロゴを作成しました。クライアント名である「ANZE」という名字の中から「A」と「Z」、そして映画をイメージさせる「映像フィルム」をロゴマークのモチーフに取り入れて映画翻訳家ということを視覚的に伝えていこうと設計したロゴマークのデザインです。AとZはアルファベットの始まりと終わりの文字、この始まりと終わりの文字をロゴのモチーフとして検討しました。

アルファベットのAとZに映像フィルムのデザインを組み込んだロゴマーク、映画の最初から最後まで質の高い映画翻訳を提供するという意味合いをロゴのデザインにもたせました。有名な映画を多数翻訳しているということで個人としてのクオリティをロゴにどのように表現しようかというのがポイントです。

ロゴのご依頼時点で「活版名刺」の印刷の名刺を制作することがわかっていたので、活版印刷に対応可能なロゴの方向性で。

同時に制作したロゴを使用した名刺は活版印刷による名刺です。映像翻訳家という職業柄、名刺を配るということは結構あると思いますが、よくある営業名刺では映画翻訳家という個人を売り込む名刺にはあまり適していないのではと考えました。映画翻訳家としてのこだわり、クオリティが伝わるような、だけどデザイン的にはあまりくどくないシンプルなデザインをと考え「個をアピールする個性的な」活版印刷の名刺を提案しました。活版印刷で名刺を作れるようにということを前提にしてロゴも制作しています。

活版印刷の場合ロゴが複雑すぎたり繊細すぎてしまうと活版の魅力が損なわれてしまいます。ロゴを制作する際に、クライアントにどのような用途で使用するかということやどのようなツールに使用する予定がありますかということを常々お伺いしていますが、今回も先に活版名刺を作るということが決まっていましたのでロゴのデザインもそのことを念頭に置いて制作することができました。個人のロゴの場合、一番多く活躍するツールは名刺になると思います。(芸能人やアーティストなどは別ですが)名刺を見た時にロゴと個人が一致するデザインにすることで、個のブランド力を高めることができます。今回も一目で映画翻訳家というイメージが伝わったロゴデザインに仕上がったのではないでしょうか。

クライアント名称:アンゼ たかし氏
クライアント業種:映画翻訳(字幕翻訳、吹き替え翻訳)
ロゴマークカラー:黒
デザインイメージ:映画、シンプル
デザインモチーフ:フィルム、A、Z
デザイン使用機器:Mac
アプリケーション:adobe イラストレーター
ロゴのデザイナー:Takehara

【ロゴのデザインプラン】ロゴデザインフルオーダープラン(提案数3案)
【ロゴのデザインタイプ】ロゴマークと社名の組み合わせ(既製文字)、活版名刺デザイン&印刷
【ロゴデザイン作成料金】8万円以内
【ロゴデザイン制作期間】5週間

このロゴを作って、記事を書いている人

ロゴデザイナー|タケハラ
ロゴデザイナー歴18年以上(デザイナー歴はそれ以上)、数千点以上のロゴを制作。
<ロゴ制作実績>映画翻訳家アンゼたかし氏、東京都子育て応援東京会議、留学生進路支援センター、マイナビ就活チャンネル、全国競馬労働組合、九州工業大学理数教育センター、京丹波町国際交流協会 他多数。その他のロゴ作品の一部を公開

タイトルとURLをコピーしました