納得するロゴを作る為のスケジュールの立て方 | 経営者のロゴ制作

納得するロゴを作る為のスケジュールの立て方 | 経営者のロゴ制作

ロゴ制作のスケジュール管理

「スケジュールは余裕を持って」
この言葉、どこでもよく聞く言葉だと思うのですが
会社やお店のロゴの制作でもとても重要なのがスケジュールの管理です。

十何年もロゴの制作をしていますがクライアントからよく言われることは
「時間がないのでなるべく早くロゴを作ってほしい」というご要望です。

ロゴジャパン以外に私が運営している販売用のロゴ制作サイトのロゴマークガーデンの場合は
すでにロゴのデザインは完成型に近く、その中から好きなロゴのデザインを選んで会社の名前やお店の名前を組み合わせるというスタイルなので、
何もない状態からロゴのデザインを作るよりも圧倒的に早い納品が可能なのですが
それでも
「時間がない」という場合が結構あります。

時間がないという方の場合、多くは他の制作スケジュールが押し迫っていてロゴの納品待ちという場合が多いようです。
起業や開業などに合わせて制作する名刺や封筒、ホームページ、看板など様々なツールのスケジュールでそれらに全てロゴが入ります。
印刷や施工が必要なものは特に時間がかかりますので、業者さんからも
いつまでにロゴをほしいと期限を切られることになると思います。

ロゴの納期

 

デザイナーの観点からロゴ制作でやってはいけないと思うことは
慌ててロゴを決めるということです。

実際にロゴが間に合わないとせっかくの華やかな船出が台無しという気持ちになりかねません。
お店の開店にロゴの看板がない、クリニックの開業にロゴが間に合わなかった
というのは悲しいです。
だからと言って妥協してロゴを決めてしまうと、永く使用するデザインなので
後悔ばかりになってしまいます。

ロゴはいろいろなツールに展開する基本のデザインになります。
CI(コーポレート・アイデンティティ)とも言われるようにロゴを使って
イメージを統一させるためのデザインですので
そのロゴを慌てて作って後でああすればよかったということになっても
取り返しがつきません。

そこで、そろそろロゴを作ろうかと考えている経営者やオーナーの方に
時間的な余裕を持ってロゴの制作をすることをお勧めします。

 

会社やお店のロゴを作るなら
“余裕あるスケジュール計画”が納得するロゴを作る為に必要です。

 

< 逆引き、ロゴ制作スケジュール モデル例 >

ロゴ制作のスケジュールシート

開業、開店日から逆算してロゴ発注日を決めておきましょう。

1)必要なツールを書き出しましょう。

  開業、開店までに必要なツール
会社の場合  名刺、封筒、サイン、社章、ホームページなど
お店の場合  看板、ショップカード、名刺、ホームページ、袋、メニュー、制服、チラシなど

制作するツールによって納期までの期間が異なるのでしっかりと把握しておく必要があります。
開業、開店前日までにあればいいものから、何日か前に必要なものまであります。
開店のお知らせなどの告知をする場合は、開店日より前にチラシやホームページでの告知が必要になります。

必要なツールの制作期間が把握できれば、開業、開店の何日前までにロゴが必要かが決まります。

2)ロゴの制作期間に関して

会社やお店のロゴを作る場合、コンペやフルオーダー、販売ロゴなど様々な方法があります。
コンペやフルオーダーの場合は発注から一ヶ月以上の期間の余裕を見ておきましょう。
販売ロゴの場合は発注から少なくとも2週間ほどの余裕を見ておきましょう。

3)ロゴの依頼先探し

依頼先探しはとても重要です。ロゴデザインの良し悪しはこの依頼先で決まってしまいます。
デザイナーの力量が分かる制作実績などを見て決めましょう。
永く使用するロゴデザインなので、価格よりも価値を優先して選ぶことをお勧めします。

何かを決めるというのが苦手な方や時間がかかる方は
特にロゴの制作は時間の余裕を多めに取ったスケジュール管理が必要です。