ロゴデザインの制作に失敗しないために-ロゴ作成ガイド

ロゴ製作に失敗しないためのポイントロゴ制作の現場から

失敗しないロゴデザイン制作とは ?

ロゴマーク、ロゴタイプなどロゴデザインの制作に失敗したくはありません。起業や開業で「さぁ、これ から」という時に納得出来ないロゴ デザインを使いたくはありません。だから、ロゴ作成に失敗しないために気をつけるべきことを書いてみました。

 

“会社のロゴを作成しなければ””お店のロゴが必要だ””商品のマークを作りたい”と考えた時に、はじめに行動するのはインターネットでロゴのデザインをするサイトやデザイン事務所などを探すことではないでしょうか?

 

今はインターネットでロゴデザイン作成サイトを検索して依頼するのが主流です。

既に付き合いのある広告代理店やデザイン事務所などがある場合は別ですが、開業や起業となると、付き合いのあるデザイン事務所や広告代理店などもないと思います。では、どうやって会社やお店のロゴをつくろうかと考えた時に、ネット検索で「ロゴ 作成」「ロゴマーク 制作」「ロゴ作成サイト」「ロゴ 制作会社」などのキーワードでロゴ作成サイトを探し、その中からチョイスしてロゴのデザインを発注するというのが昨今の主な流れです。

 

数ある「ロゴ制作サイト」の中からあなたはどうやって依頼先を選びますか?

サイト検索でたくさんヒットしたロゴ制作サイトの中からあなたはどうやってロゴの発注先をチョイスしますか?
例えば「ロゴ 作成」というキーワードでグーグル検索すると約 18,700,000 件以上ヒットします。しかしほとんどの場合、最初のページの上位にランクされているロゴ作成サイトや、ヤフーリスティングやグーグルアドワーズなどのネット広告で表示されるロゴ作成会社から選ぶというのが一般的ではないでしょうか。
ネットで上位表示されれば、お客様は自然に集まるとよく言われますが、そのサイト必ずしもあなたにとって最適なロゴ制作サイトとは限りません。 しっかりと内容を把握して、他のロゴ制作サイトと比べてみるということが重要になってきます。

 

検索上位のサイトが決してあなたに適したロゴを作成するとは限りません。

どうやってロゴのデザイン発注先を判断しますか?

ロゴ作成料金の安さ・提案数の多さ・納品までの早さ・デザインセンス・それともホームページの見た目 ですか?
「ロゴ デザイン」「ロゴ 作成」などビックキーワードでサイト上位に表示されているロゴ制作サイト以外もしっかり見ることをお勧めいたします。セールスコピーに騙されず、サイトのデザインがいいからとホームページの見た目に泳がされずにしっかりと内容を見ることが重要です。デザイン事務所などに直接依頼するという方法もありますが、「ロゴマーク デザイン」「ロゴ 作成」などのキーワードでは、ロゴデザインに優れたデザイン事務所は検索上位にヒットしません。ロゴ制作の専門誌などから制作会社を探すという方法もありますが、ほとんどの方はそんな手間を掛けないと思います。

ロゴのデザインはデザイナーを指名してロゴを提案してもらうのが一番オススメです。

 

それでは何を見てロゴの依頼先を判断するかということですが、基本はロゴデザインの制作実績です。

ここで問題になるのですが、どの会社が作ったかということではなく、誰がそのロゴを作成したのかということです。デザイナーには得意分野があります。この会社に作ってもらいたいではなく、このロゴデザイナーに作ってもらいたいというのが理想です。自分の好みに近いロゴデザインの作成実績を探して、できればそのロゴデザイナーを指名して提案を見るのがいいでしょう。

好みの合わないデザイナーにいくらロゴのデザインを提案してもらっても、イメージに近いロゴはできないと考えてください。
デザイナーのロゴ制作実績を見て、”おっ、これなら大丈夫そうだ”と感じたなら依頼または相談してみるのがいいでしょう。

ロゴのデザイン料、いくらなら安いのか?いくらなら高いのか?

はっきりいってロゴのデザイン料に基準はありません。公益社団法人 日本グラフィックデザイナー協会-JAGD)によるとCD(クリエイティブディレクション) 1テーマ 175,000、D(デザイン) 1点 175,000、カンプ 1点 40,000、フィニッシュ 1点 40,000という基準が書かれています。合計するとなんと430,000円になります。この価格はデザイン事務所や広告代理店に直接依頼する際の料金基準としてJAGDAが設定していると思われます。しかし、インターネットでロゴマークデザインを発注できるようになってから、もしロゴの制作料金が1点43万円ならほとんどのクライアントが頼まないのではないでしょうか。

ネットで検索すると1000円という破壊的な価格から15万円くらいまでとロゴの制作料金にはかなりの幅があります。中心価格帯は20,000円くらいから70,000円代くらいまでが多いようです。ロゴ制作の代理店など外注費が発生する会社はもっと高く80,000円以上からというところもあります。

複数のロゴ作成サイトに登録しているデザイナー

自分が運営しているロゴ作成サイトにも直接、デザイナーから外部強力スタッフとして登録したいという依頼が来たことはあります。私が運営するロゴ制作サイトは、外部スタッフは使わないというのがコンセプトの一つなのでお断りしていますが、
デザイナー(外部強力スタッフ)の中には何社かかけ持ちでロゴ制作会社とつきあっている方もいらっしゃるようです。同じデザイナーが作成しても、どのロゴ制作会社からデザインの依頼が来るかによってロゴのデザイン料金が変わるわけです。

 

ロゴデザインの発注先に悩んだときはロゴデザインの制作実績を見比べてください。30,000円くらいまでのロゴのデザインと100,000円以上のロゴデザイン、違いはなにかわかりますか?

30,000円くらいまででロゴデザインを作成している会社の実績を見てみると、中にはクオリティの高いロゴデザインを制作している会社もあります。高い料金を設定している会社のロゴデザインより、安い料金の会社のロゴデザインのほうがいいと思うものもあります。
ロゴ制作料金の安い会社と高い会社で何が違うのかというとロゴ制作に割く時間、人数が違うという点です。特にロゴの無料提案を低料金設定している会社では、一つのロゴに割ける時間は限られてくるのではないでしょうか。無料提案の場合はキャンセルされたら収益になりません。低料金なら数をこなさなければなりません。その場合は必然的に一つのロゴに割く時間が減ってくるということになります。ただ、アイデアとは時間をかけて生まれる場合と、パッと閃く場合があるので低料金だからといって決して悪いわけではありませんが、永く使用するロゴのデザイン、しっかりと丁寧に作成して欲しいと考えるのはクライアントの希望としては当たり前のことなのではないでしょうか。

【結論】 ロゴ制作に失敗しないためには、ロゴデザイナーの制作実績をしっかりと見極めることが重要です。

ロゴの作成に失敗しないためには、どの会社(ロゴ制作サイトやデザイン事務所)が作ったかではなく、どのデザイナー(誰が)がロゴを作ったかが重要です。会社の理念やコンセプトが反映されるロゴのデザイン、実績があるデザイナーに頼むのが安心といえるでしょう。ロゴは1回きりしか使わないというものではないので、価格より価値を優先するのがいいのではないでしょうか。後悔先に立たずというように、しっかりとデザイナーの実力を見極めてロゴを作ることをお勧めいたします。

error:Content is protected !!